1975年のネイル

葉酸は赤ちゃんを作ることを考え始

2015年8月 6日(木曜日) テーマ:注目
葉酸は赤ちゃんを作ることを考え始めた段階から妊娠の初期の時期にかけて摂取を続ける事が望ましいといわれていて、お腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐ効果があるといわれています。妊娠してまだ間もない期間は特に、葉酸が摂取できる食品やサプトからなるべく摂取する事が重要になってくると考えられます。妊娠活動を始めたその時に私は妊活に効果があるという二つの栄養素である葉酸とマカを夫は(男性は)マカと亜鉛が良いという事で、二つのサプリを飲むようになりました。



葉酸は妊娠直後の胎児の神経発育に役立つとても大切な栄養素で、マカは生殖能力を向上させ、活力を増進し、亜鉛は精子の増加を助け活力増加に効果があったので、開始しました。

飲み続けて半年で、妊活の効果があったのです!私は妊活をしている真っ最中です。
子供を授かるために様々な努力をしています。その一つに、葉酸サプリを飲むということも行っているのです。


でも、それだけじゃなく、毎日早朝に起きて、夫と共にウォーキングもしています。



妊活は運動が大切とよくいわれますし、夫婦共にウォーキングをすることが良いコミュニケーションとなっているのではと思います。



不妊の要因の1つとして内臓、血行の悪さからくる冷え性があります。

その冷えを根本的に改める為に、食事療法を行う事が大事です。体を中心から暖かくする生姜や根菜などを意識的に食事の中に取り入れて、冷えの原因となる食品を敬遠する事も自分の努力で出来る体質改善への通り道でしょう。

女の人にとって冷えは妊娠する際のネックです。そこで、体を温かくするお茶を意識的に毎日飲むようにするのも1つなのです。例えば、カフェインのない血行促進する、ハーブティーが冷えを解消させるには有効性があります。
妊婦さんにとって葉酸は非常に大切です。

ですから、葉酸のサプリメントを補給している方は多いと思われますが、安心・安全な葉酸サプリかどうかを見極めるポイントとして、「使用されている添加物は危険なものではないか」、「販売会社は信用できそうか」などをしっかりと確認し、質の良い葉酸を摂取するといいでしょう。妊娠中の女性の方は特別に葉酸を意識して摂取することが必要です。
なるべく自然に食べ物から葉酸が、摂れるのが理想的ですよね。

フルーツでいうと、イチゴとかキウイといったものは葉酸が多く含まれているので、日頃からすすんで食べるようにしてみましょう。


妊活するまで葉酸というのは、あまり普段は聞きなれていない言葉ですが、妊娠すると必ず耳に入る栄養素の一つです。


母子手帳にさえその摂取が必要だと書いてあるくらい大切な栄養素です。積極的に取り入れることを推奨したいです。手軽に葉酸が摂れるサプリなんかも多く売られています。
妊娠のための行動の中でも、体質を改善するために、漢方によって妊娠しやすい体を根本から作っていく治療はとても効果のある治療だといえます。

病院で医師に処方箋を出してもらえば健康保険が適用されるので、比較的安価で続けやすいという特徴もあるのです。



女性限定ではなく男不妊にも効き目があるとされており、ご夫婦一緒に飲むのもおすすめです。妊娠初期に葉酸が足りないと、お腹の赤ちゃんの成長に影響が出てしまうことは多くの方が知っていると思います。ただ、取りすぎた時のことはあまり知られていないように見受けられます。

どうやら発熱や蕁麻疹を引き起こしやすくしたり、子供が成長したときに、喘息で辛い思いをする確率を高くする可能性があるようです。


葉酸の摂取しすぎにも、注意が必要になりますね。
ベルタ葉酸 買ってはいけない